アマチュア無線

山ランがNHK熱中時間に取り上げられます。

熱中時間のブログ
http://www.nhk.or.jp/nj-blog/300/30815.html
に、山ランの主宰者・武内JA1JCAさんが登場しています。
放送の内容を垣間見ることが出来ます。
放送時間は
BS2 2009年12月5日(土) 18:00~18:44
BS hi 2009年12月6日(日) 21:00~21:44
BS hi (再) 2009年12月7日(月) 12:00~12:44
です!

今、僕がはまっている遊びです。
武内さんは凄い人ですよ。
是非ご覧ください。

1日でいくつの山に登れるか→43山を達成!!

山岳移動ランキング(通称「山ラン」)という趣味にはまっている。アマチュア無線の楽しみの一つには移動運用があるが、この移動運用と山登りを併せたものが山ランなのだ。この山ランの中には1日でいくつの山に登れるかというカテゴリーがあり、これまでの記録は39山である。
8月にこれに挑戦しようと思い立ち準備を始めた。達成のポイントは、
・短時間で登れる山が、密集している地域を見つけること。
・交信相手が容易に得られること。 の2点から、
場所は埼玉県中西部の奥武蔵周辺、日時は全市全郡コンテストの10月11日を決行日とした。
そこで、まずこの地域の全ての山を拾い出し、インターネットで片っ端から検索してみた結果、登山可能な100余りをリストアップできた。この中から効率を重視し60余りの山に絞り込んだのだが、ここから先は机上では困難なので、9月末からは夜な夜な埼玉に通い、登山口を確認しナビに落とす作業を続けた。最終的には53の山に絞り込み、市街地にある山は夜間に攻めることとしルートを設定した。理由は市街地の山は夜でも薄明るく、比較的安心して登れることと、車での移動時間が日中に比べると極端に短いと考えたからだ。

IMGP5287IMGP5300IMGP5361
スタートは行田市の丸墓山(さきたま古墳公園内)とし、1時間に2山のペースをキープし予定通り進んだ。20時間経過した夜8時の時点で39山目の飯盛山をゲットした。しかし記録達成の二ノ宮山までは1時間余りを要し、コンテストの終了時間の21時には間に合わない。ここまで来ると、いよいよ疲れもピークとなり闇夜の中の登山は限界を迎えていた。それでも残りの3時間で山ラン主宰者JA1JCA局と7N4HVI局のサポートで4つ山を加え、43山を達成することが出来た。(写真左は越上山で迎えた夜明けで西方に筑波山が見える。中央は弓立山から次の山へ向かう途中に遭遇したお祭りの行列。右は39山目の飯盛山山頂のほのぼの山名板)

辿った43山(登頂順) 

IMGP5253
IMGP5254
IMGP5257
1 丸墓山 36m 行田市
2 ポンポン山 30m 吉見町
3 物見山 135m 東松山市
IMGP5258
IMGP5260
IMGP5263
4 お杓母子山 63m 鳩山町
5 城山 113m 毛呂山町
6 富士山 221m 日高市
IMGP5264
IMGP5267
IMGP5269
7 天覧山 197m 飯能市
8 多峯主山 271m 飯能市
9 高指山 330m 日高市
IMGP5271
IMGP5278
IMGP5281
10 日和田山 305m 日高市
11 物見山 375m 日高市
12 スカリ山 435m 毛呂山町
IMGP5286
IMGP5289
IMGP5290
13 越上山 567m 飯能市
14 桂木山 370m 越生町
15 大高取山 376m 越生町
IMGP5294
IMGP5297
IMGP5299
16 高取山 170m 越生町
17 弘法山 164m 越生町
18 弓立山 427m ときがわ町
IMGP5303
IMGP5305
IMGP5309
19 愛宕山 183m ときがわ町
20 金比羅山 214m ときがわ町
21 雷電山 418m ときがわ町
IMGP5311
IMGP5313
IMGP5319
22 大峰山 293m 小川町
23 御岳山 297m 小川町
24 愛宕山 160m ときがわ町
IMGP5322
IMGP5326
IMGP5328
25 大平山 179m 嵐山町
26 遠ノ平山 200m 小川町
27 仙元山 299m 小川町
IMGP5331
IMGP5334
IMGP5338
28 富士山 182m 小川町
29 車山 227m 寄居町
30 釜伏山 582m 寄居町
IMGP5341
IMGP5344
IMGP5347
31 登谷山 668m 東秩父村
32 皇鈴山 679m 東秩父村
33 愛宕山 655m 東秩父村
IMGP5351
IMGP5352
IMGP5354
34 堂平山 876m 小川町
35 剣ヶ峰 876m ときがわ町
36 川木沢ノ頭 874m ときがわ町
IMGP5357
IMGP5359
IMGP5361
37 丸山 960m 横瀬町
38 カバ岳 890m ときがわ町
39 飯盛山 816m 飯能市
IMGP5362
IMGP5365
IMGP5366
40 二ノ宮山 132m 滑川町
41 観音山 77m 熊谷市
42 天神山 74m
太田市
IMGP5368
43 金山 239m 太田市
091011oneday

 

35年ぶりのQSLカード


山登りを楽しみながら、山頂での無線通信も楽しんじゃおうと言うのが「山ラン」なんだけど、交信の記念に交換するのがQSLカードだ。多くのアワードではこのQSLカードをもって交信成立とみなされカウントされるのだが、「山ラン」ではログの提出だけでQSLカードは必要ない。それでもやっぱり交信の証としてのQSLカードが届くと嬉しくなる。てなわけで35年ぶりにQSLカードを作ってみた。

山ラン初めは無残に撤退(;つД`)

栃木百名山の次は関東百名山と決めているが、ただ登るだけではつまらないと高校時代にやっていたアマチュア無線を再開し、山頂での移動交信をカウントする'山ラン'をやることにした。この2ヶ月間で旧コールサインの復活、3級資格の取得、リグの購入、移動用アンテナの製作と準備万端の状態で、一ヶ月前に三角点探索のときに第一声はここと決めていた富士山に行って来た。


富士山山頂からは日光連山、高原山などが一望でき、標高365mは再デビューには最適なロケーションである。早速アンテナを組み、50,144,430MHz帯をwatchしたが50は何も聴こえないし、144と430はトラック運転手ばかりのようでコールサインの無い会話だけがスケールオーバーで聴こえてくるばかりだ。諦めモードで数回CQを出すも応答なんてあるわけがない。1時間余りあっちこっちのバンドを行ったり来たりしたが結局コールサインを耳にすることなく無残な撤退となった。写真左は三角点の上に置いたFT-817と日光連山、右は自作の2ele位相給電アンテナ(JR1NNL,CQCQCQ.ORGを参照)と高原山。

それでも自作のアンテナがどうにか使えそうな目処がたったので次に期待することにしよう。交信が難しいほど遣り甲斐があるということでプラス思考とし、今日のところはこれで良しとしたw

JR1SJJが復活しました^^

高校生の時にもらったアマチュア無線のコールサインが去年の9月に期限切れになってしまっった。タイミングが悪ければ他の人に再交付されてしまうこともあるのでハラハラしながら11月7日に旧コールサインの復活申請をした。今までは山に登るのにただ登るだけのピークハンターだったので、なにか目標を設定して登りたいと考え、登山と高校生のときに始めてしばらく忘れていた?アマチュア無線の楽しさをドッキングさせた「山ラン」を見つけだした。


この一ヶ月間、無線機を買い移動用のアンテナを自作して楽しみに待っていた無線局免許状がやっと届いた。コールサインも高校時代から使っていたJR1SJJが見事復活です。山ランは2万5千分の一地形図や日本山名事典などに掲載されている山の頂上から更新を成立させると1ポイントなのだが、塩谷町の三角点の中にも5,6箇所はポイント獲得が可能な山が在るようなので早いうちに挑戦したいものだ。

還暦オヤジ
やんちゃ街道まっしぐら!!

ゲストブック
こちらをクリックして下さい。
山々のリスト
栃木(345座完登)
 栃木百名山
群馬(482/545)
茨城(138座完登)
埼玉 (238/241)
東京 (90/169)
神奈川 (195/244)
千葉 (85/86)
関東百名山と関東百山(136/138)
日本百名山(21/100)

塩谷の三角点(全63)

山々&山ラン
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索