作治小屋で思いもよらぬ酒宴となり、22時過ぎに車中で横になった。

P9220007P9220013P9220020

P9220028P9220033150922表丹沢
6時、作治小屋から中尾根に取り付いた。この辺りの登山道は軒並み木段が整備されているがここには皆無です。植林地の急登を400m余り上げると傾斜は緩み視界が開け、1時間半で烏尾山となる。ここからは二ノ塔までピストンし、その後は木ノ又大日を目指した。流石シルバーウィーク、登山者の列は途切れることなく続き、クサリ場では渋滞が起きていた。戻りは政次郎尾根を下り、8時間かけてのゆっくり周回となった。写真上左は中尾根は傾斜が緩むと軽快な笹尾根となる、上中央は烏尾山から見た新大日方向、上右は二ノ塔から見た登り来た三ノ塔、写真下左は行者ヶ岳先のクサリ場からの登り、下中央は木ノ又大日