丹沢湖の西側の世附から県境にかけて登り残した山が4つある。丹沢湖側は林道の崩落がありクルマで進入は難しいようなので、山梨側の山伏峠から攻めることとし、道志の道の駅で車中泊す。

P6110008P6110011P6110015
6時、山伏トンネル南側の余地からスタートし大棚ノ頭までは軽快に歩いた。この尾根伝いは歩いたことがあるが、そこから派生する3つの支尾根のどのように辿るかで決断が揺れた。それでも当初の予定通り西丸に下ることにした。下りだして直ぐに背丈ほどの篠薮歩きとなる。もちろん踏み跡はしっかりしてるので外すことはないが、左右から行く手を塞ぐ笹は鬱陶しい。山頂手前200m位で尾根筋を行かず巻き道を選択したが、それがミスで急斜面を登り返し西丸を踏んだ。写真左は県境尾根からの西丸、中央は西丸への密藪、右は西丸山頂

P6110016P6110018P6110020
この先も踏み跡は明瞭だが笹藪は相変わらず続いた。鞍部に降りると大棚沢へ向かう経路を確認して東丸へ登り返した。そこそこの勾配だが踏み跡はしっかりしており難なく東丸となる。写真左は鞍部、中央は鞍部近くから見えた東丸、右は東丸山頂

P6110026P6110030P6110037
鞍部まで戻り古の経路を下るが、途中で踏み跡を見失い尾根筋を外してしまった。地形図を見ると沢沿いに下っても切通橋の袂には出られると判断し、躊躇せずそのまま沢に沿って降りた。急がば回れと言い聞かせながら大棚沢林道を切道峠に向かうが、中尾山までの距離が離れてだしてきた。ちょうど林道も細くなってきたので、一気に急斜面に取り付いた。50m程上げるとはっきりした踏み跡となった。何のことは無い、鉄塔巡視路に出たのである。そこからは廃林道を辿り中尾丸山頂となった。写真左は切通橋、中央は林道の終点でここから斜面にとりついた、右は中尾丸山頂

P6110047P6110052P6110056
そのまま西へ続く尾根筋をひたすら下り大棚沢橋の近くの林道に降り立った。あとは林道を大栂に向かうと、所どころに菰釣林道の表示が見えてくる。とことんこの道型を追い、終点の先から尾根筋に登り上げた。尾根筋は傾斜はきついが明瞭なのでペースの落ちた両足を叱咤しながら必死に登った。やっとのことで登りついた山頂には三角点標柱とこの日唯一の山名板が下がっていた。写真左は崩落の進む菰釣林道、中央は尾根筋、右は大栂山頂

150611裏丹沢
ここからは菰釣山へ醜い篠藪が続き、結構消耗した。あとは県境尾根を南下し山伏峠へ戻るだけなのだが、この間の遠いこと、クルマに戻ったのは夕方5時を過ぎていた。計11時間10分の山行だった。