P3050007P3050008150305火打石岳
このピークは金時山や明神ヶ岳へと連なる箱根外輪山の尾根筋にある。ルートは尾根筋を辿るものしか見当たらないがいずれも長い。そこで品の木から伸びる枝尾根に取り付いてみようと、箱根ヴィレッジの車道を詰めると終点手前でチェーンが張られたいた。クルマをチェーン前に置き歩き出すと直ぐに作業場となり林道終点となる。辺りはヒノキの植林地で左手の斜面に取り付いた。薄いが踏み跡も付いているが、中ほどまで来ると篠タケの薮となってきた。所々両側から笹が覆いかぶさるほどの激薮となるが、丹念に探せば踏み跡はある。山頂手前で一旦開けるが三角点標柱のあった場所は背丈ほどの笹薮の中だった。写真左は途中の激薮、右は山頂の三角点標石